EDに効果的なシアリスの成分

ED(勃起不全)の治療薬の一種であるシアリスには、有効成分としてタダラフィルと呼ばれる物質が含まれています。
タダラフィルがなぜEDに効果的なのかを知るには、まず勃起のメカニズムを知る必要があります。男性は性的刺激を受けると、脳から一酸化窒素(NO)が放出されます。このNOは陰茎の内部で平滑筋を弛緩させて血管を拡張させる作用を持つ環状グアノシン一リン酸(cGMP)と呼ばれる物質をつくり出します。陰茎の勃起は、cGMPの作用により血管が拡張され、海綿体に血液が流れ込みやすくなることによって起こります。一方、勃起がすすみ性的興奮が高まると、やがて射精に至って性的興奮が収まっていき、程なくして勃起も収まっていきます。これはcGMPを分解する5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)と呼ばれる酵素のはたらきによるものです。
シアリスの有効成分であるタダラフィルが体内に入ると、PDE-5の働きを阻害してcGMPの分解を防ぐことによって平滑筋の弛緩した状態を維持させます。平滑筋が緩むことで海綿体への血流の流入が増え、EDの患者は性的刺激を与えると勃起するようになり、性行為を正常に行うことができるようになります。
シアリスは有効成分がこのような作用を持つことから、PDE-5阻害薬と呼ばれます。PDE-5阻害薬としてはこの他にバイアグラをはじめとするシルデナフィルを有効成分とした医薬品がありますが、タダラフィルはシルデナフィルと比較して効果が現れるタイミングが遅い分、効果の持続時間が長い点と、食事による影響を受けにくいため、時間帯やタイミングにこだわること無く服用することができる点が優れています。シアリスはバイアグラと比べて、安全かつプレッシャーを感じずに服用し続けられる医薬品であるといえます。