尿線に異常が出たら危険信号・シアリス治療が有効

男性の泌尿器系の病気で最も多いのが、前立腺肥大症です。健康な状態では栗くらいのサイズしかありませんが、それが加齢とともに大きくなっていきます。40歳頃から始まる事が多く、60歳で6割、80歳以上で8割、と日本人男性のほとんどが発症する可能性がある症状です。
前立腺は精液の構成成分の一つである前立腺液を分泌する器官でもあり、生殖機能にも深い関わりを持っています。
また、前立腺の中には尿線があり、前立腺が肥大すると管が圧迫されて、排尿障害が起こります。これにより、頻尿、残尿感、排尿時の痛み、尿線細小(尿の出が悪くなる)、尿線分裂(尿が飛び散る)、尿意頻拍(常に尿意がある)、尿閉(尿が出なくなる)、などが起こる危険性もあります。中でも尿閉があらわれたら危険信号です。
このような尿のトラブルは、総称して下部尿路症状(LUTS)と呼ばれています。
前立腺肥大でED(勃起障害)が起こる可能性もあります。前立腺肥大は加齢が原因であるため、加齢によってEDが起こっているのだろうと考えられていましたが、実際には前立腺肥大も原因の一つになっているのではないか、と言われています。前立腺肥大の治療を受けて、EDが改善する場合もあります。確かなエビデンスはありませんが、なんらかの関係があると見て間違いなさそうです。
このような前立腺肥大症に関係するEDに対しては、シアリスなどのED治療薬が効果を発揮します。前立腺肥大症では骨盤内の血流が不足することでEDが起こると考えられています。シアリスはPDE5という勃起を抑制する酵素の働きを抑えて、骨盤内への血流を増加させる薬なので、治療に有効です。
尿のトラブルが起きたら、EDに注意しましょう。