薬の服用間隔の差について

医薬品を服用する際には必ず正しい服用方法を徹底する必要があります。
ほとんどの医薬品は量を飲めば効果が増すというわけではありませんし、医薬品の成分によっては短期間に集中して服用してしまうと、副作用によって健康被害がもたらされるリスクも出てきます。
そのため新しい薬を服用するというような場合には、必ずその「服用間隔」を確認しなくてはなりません。
ではED治療薬のシアリスの場合はどうかというと、これは1日あたり1回の服用が原則であり、それぞれの服用の際には24時間以上の間隔を置く必要があります。
主にシアリスには10mgと20mgの二種類がありますが、どちらの場合であっても24時間以上の間隔を置くことが必要です。
そもそもシアリスは服用後、36時間は効果が継続するとされていますから、短期間で集中して服用するメリットはないでしょう。
服用による副作用がかなり少ないため、連続服用によって即座に健康被害が出るというリスクは小さいのですが、想定されていない服用法をするということはそれだけでリスクの生じることです。
また中にはシアリスを服用しても効果がなかなか出ないことから追加で服用する人もいるのですが、シアリスは他のED治療薬と比較しても、かなり効果が緩やかに発揮される特徴があります。
「常に飲んでいるから体に抗体ができた」というようなことを考える人もいますが、シアリスに対して抗体ができるということはありません。
基本的に服用直後には効果が出ないことが多く、効果が自覚できるのは3~4時間以上が経過してからとなります。
よって、シアリスを服用する際には「性行為の3~4時間前」、「前回服用から24時間が経過した後で」ということを覚えておかなくてはならないのです。