食生活が不規則な場合の薬の服用

シアリスは、2003年にアメリカで販売を開始された勃起不全の治療薬で、日本でも2007年に厚生労働省の製造販売承認を取得しています。特定の酵素の活性を阻害する事で血管が拡張して、血流量が増加する事により作用すると考えられています。この作用機序は、バイアグラ等の他の勃起不全の治療薬と同様です。

シアリスの特徴は、効果が持続する時間が長いという事です。バイアグラが服用後4時間から6時間で効果が薄れるのに対して、シアリスは10ミリグラムの場合は20時間から24時間、20ミリグラムの場合は30時間から36時間持続します。このために、食事の影響も受けにくいとされており、メーカー側は800キロカロリー以内であれば食後直ぐの服用も行えると発表しています。

勃起不全は、ストレスや食生活、疲労、加齢等の様々な原因が考えられている症状です。シアリスは、これらの原因を問わず効果を発揮する治療薬ですが、原因自体を解消するわけではありません。このために、食生活が不規則である事が原因で勃起不全になった場合でも改善が見込めますが、栄養状態自体を解消するわけではありません。

シアリスは、他の治療薬と比較すると穏やかな内容であり、体にかける負担も少ないと考えられています。このために、副作用が生じる危険もバイアグラよりも少ないと報告されています。しかし、薬だけに頼るという使用法は、あまり推奨される行為ではありません。栄養補給を行った上で、症状が改善されない場合に限定するのが効果的です。

食事の影響を受けないという事をメリットとしていますが、それは栄養状態を考えなくて良いという事ではありません。規則正しい生活を送る事が、勃起不全だけではなく健康をキープするためには必要となるからです。